한국어 English Here 陶芸工房クレイワークご案内 2006年01月
Top | RSS | Admin

スポンサーサイト | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】   | Top↑






きょうのイチモク!vol,01 | 工芸
「きょうのイチモク!」では、クレイワークがイチモクおいている事ご紹介していきます。

「酒のひろせ」

クレイワークのご近所には、町の誇りー屈指のお酒屋さん「酒のひろせ」があります。

何が誇りなのか!まずは日本酒ー地元岐阜のおいしい地酒を数多く取り揃えてくれてます。
その質の高い品揃え、これはもう町の誇り!!それぞれのお酒の特徴、うまさをわかりやすく教えてくれます。
本当に親切、楽しいお酒屋さん。
その他、ワイン、洋酒も豊富。話が長くなるので今回は日本酒のみのお話。

その「酒のひろせ」で日本酒の試飲会があり、参席してきました。


絶品でした!

試飲したお酒
さけ

  酒向  三千桜  空  池月  夢幻

どのお酒も質が高く希少なお酒ばかり。酒蔵さんにも感謝
そして、ご一緒した参加者の方が作ってこられたカルパッチョ、チリビーンズetc.もう絶品!!とてもおいしかった。感謝でした。

そのときの記事が「酒のひろせ」のブログにありますのでご紹介します。
酒のひろせ

スポンサーサイト
【2006/01/29 10:55】   トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑






きょうのイッピン!vol.03 | デザイン・アート
3大テノール

3大テノール

やきものの話ではありませんが、
工房にAV機器を設置しましたので、今回は、名盤のご紹介です。

オペラ界の3大テノールとして、はじめてイタリアで野外コンサートを催された時のライブ映像LD盤です。(1990)
ドミンゴさん、カレーラスさん、パバロッティーさんそれぞれが相手を意識した見事なライブ。これぞ相乗効果ゆえの見事な盛り上がり。ズームアップでとらえた表情は歌うごとに高揚していく姿が見てとてます。
ロケーションは、ローマ帝国時代のダイナミックなカラカラ遺跡跡地。壮大な背景です。
3大テノールのライブ映像のジャケットなのになぜか4人の姿があります。
もう一人は、ズビン・メータさん、名指揮者です。この指揮者であったからこそ、3人それぞれの魅力を十二分に引き出せた感がありまります!
2つのフルオーケストラを個性豊かな3人に合わせたパワフルな指揮は、もう4人目のスターであること間違いなし。
私は、それ故の4人そろってのジャケットと理解しました。

テーマ=陶器 - ジャンル=趣味・実用

【2006/01/28 11:21】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






AV機器設置 | デザイン・アート
工房に100インチプロジェクターとLDプレーヤ&サラウンドアンプ&BOSEスピーカーセットが設置されました。
アンプ

スピーカー

いい音してます。
この工房は、皆さんのご厚意に甘えてばかりの工房です。
昨年の準備段階から改装用のペンキに始まり、水屋タンスなどなど。
今回のAV器機セットも親しくしてもらっている方からの厚意に遠慮なく甘えさせていただきました。(感謝)
よって、工房の名称がこれで4つに!!

陶芸工房クレイワーク
クレイワーク外語学院  (工房で週一回韓国語講座を開いてもいますので)
シアタークレイワーク
コーヒ茶房クレイワーク (工房ではいつもおいしい珈琲を入れてます)



テーマ=陶器 - ジャンル=趣味・実用

【2006/01/26 13:03】   トラックバック(0) | コメント(5) | Top↑






きょうのイッピン!vol.02 | 作陶
焼酎サーバー
ドングリ型と
どんぐり

スニーカー型スニーカ

ろくろ製作としては、ただの瓶を轢くだけのものと思って作り始めましたが、なになに、蓋のデザイン、コック取り付けの為の瓶内部処理及び外回りなど工夫が必要でした。
そして、台の製作も面白くなり、今回は、「ドングリ型」に合わせて丸太を工夫。
「スニーカー型」には、米ヒバ厚板で製作。
たいへん楽しいイッピンになりました!

焼酎を入れ、数日も熟成させるだけで角が取れた円やかな呑み心地の焼酎に変身でした。

今回使用した土は、アルコールも漏らさずしっかり焼き締まる常滑の陶土。
ドングリ型=黒泥焼き締め/スニーカー型=赤土焼き締め
→ more・・

テーマ=陶器 - ジャンル=趣味・実用

【2006/01/23 10:32】   トラックバック(0) | コメント(4) | Top↑






きょうのイッピン!vol.01 | 作陶
 香炉

香炉

黒泥(黒い陶土)焼き締め(釉薬を施釉していない)で作った香炉です。
ろくろ上で口をすぼめ、空気を閉じ込めて製作します。
半乾燥後、台になる部分と切り離します。
ナイフを使って切るのですが、その際、陶土の収縮で閉じ込められていた空気がまるでゴム風船の空気が抜ける時のようにプシュ~と音が出ます。

あとは、香の煙が程よく立ち昇るよう穴を空けます。
今回は、空の星座をイメージしました。(この写真じゃ~わからないですね~!全体を眺めた写真でなくすみません。あとで更新します。反省)



テーマ=陶器 - ジャンル=趣味・実用

【2006/01/17 20:59】   トラックバック(0) | コメント(4) | Top↑






| Top |
<claywork>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。